スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命をかける

2014.06.27.Fri
IJETでは越前敏弥先生のセッションを拝聴しました。

翻訳文化の重要性を広く知ってもらうために、ご自身が取り組んでおられるさまざまな活動をご紹介くださったあと、セッション前夜に亡くなった東江一紀さんについて言及されました。

息を引き取られる数時間前まで、仕事をなさっていたそうです。仕事ができないからと、入院も拒否していたとのことでした。翻訳であることを感じさせない東江先生の翻訳作品は、越前先生も筆写、読み比べをたくさんなさったようです。越前先生ご自身のブログにも、詳細が掲載されました。http://techizen.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-73b7.html

東江先生のことを話す越前先生の声は一段と熱がこもったもので、そのお話しぶりから、越前先生もまた、命がけで翻訳に取り組んでおられるのだと感じました。

「翻訳の仕事をする目的」を誰かに聞かれたとき、明確に答えられるようにしておくのが大事とおっしゃったことが印象的でした。それが、翻訳文化そのものの価値を伝えることにつながるからと。わたしは、まだその辺をはっきりと意識化できていないかもしれないです。翻訳の作業そのものは、それをしないなんてことが考えられないほど自分の一部と化しているのですが。

スポンサーサイト

耳と心に刻む

2014.06.25.Wed
個人的に期すところあって、IJETに行ってきました。

2日間、朝から晩まで翻訳のことを考えて考えて、2日目の夕方には疲れ果ててもう限界でした。

セッションを聞いているだけでそうだったのに、セッション主催に参画して下さった方々、自らの考えを語って下さった方々は、どれほど大変だったか。どうもありがとうございました。

帰ってくるなりバタバタの日常。でも、聞いた内容は必ずや今後に生かしたいと思います。

機序

2014.02.02.Sun
昨年あたりから糖尿病の仕事が増えていると聞いた。確かに知り合いの同業者にも一人ならず、糖尿病の仕事を抱えている人がいる。わたしも、ちょっとだけ抱えている。

ふーんと思ってたら、今、糖尿病の新しい作用機序の新薬が申請ラッシュなんですってね(遅い!)。道理で。

どんな機序なんだろ? と興味を持ちながらも放置していたのですが(そういう仕事の機会は、まだなかったし)、そのうち一つの薬に関する仕事で薬理の項を担当することになって、ちょっとだけワクワクしています。

お医者さんも選択肢が増えて大変でしょうけど、この薬にも、ぜひ、臨床で新戦力として活躍してほしいものです。

一語

2014.01.27.Mon
某所での単発翻訳セミナーに参加。

事前課題の添削で、すごく重大なミスを指摘されてしまった。ある動詞で、それ自体は専門用語でも何でもない。でも、そこをきちんと訳せているかどうかで、翻訳者がその課題の分野をよくわかっているか、あまりよくわかっていないかが露呈してしまうというもの。

医療機器の会社に勤めている友人も同じようなことを言っていた。翻訳を外注に出したとき、ある動詞の訳し方が変で、その一点だけで、その翻訳者の力量が知れてしまった、と。人体の構造と血流の方向をきちんと理解したうえで訳してくれれば、そんな訳し方にならないはずなのに、と。

そういう一語の落とし穴(動詞に限らず)に、もっと敏感にならないとね(冷汗)。

おそれずに

2013.12.30.Mon
今年も年末になりました。

ここしばらくのブログでボソボソっと書いてきましたが、今年は後半になってから、仕事の現状を変えたいという気持ちが生まれました。ふり返ってみれば、ここ数年ほど、多少の一喜一憂はあっても、おおむね凪の航海のような状況が続いていたのですが、その状況が、いつのまにか窮屈に感じられるようになってきました。そのため、勇気のいることではありましたが、メインの取引先に仕事内容の変更を願い出たりしました。

でも、今の状況を変えるにはどうしたらいいかを考えるようになってから、もっともっと勉強しなければ!という方向に気持ちが向かい、今、燃えています。なので、いい変化なんだろうと受け止めています。

また、仕事内容だけではなく、今年はいろんな人と交流する機会にも恵まれました。ただ、現時点ではまだ、いろんな機会に恵まれたというだけで、それを自分の血肉とするには至っていないなと感じています。わたしはなんだか、栄養分を取り入れるのが下手くそな植物(というような話を、たしか「もやしもん」で読んだと思う)みたいなところがあるようです。

というように、今年もいろんな変化がありました。来年も変化があるかもしれません。でも、一々あまりおそれずに、適度に肩の力を抜いてやっていこうと思います。

今年もブログを訪問して下さった皆さまに感謝しますm(_ _)m どうぞ、よいお年をお迎え下さい。

 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。