スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪玉

2013.11.22.Fri
夏に受けた筋腫の手術の前にタケダのリュープリンを 6ヵ月打ったのですが、その間、LDLコレステロールが 176 mg/dL とけっこうな高値になりました。おそらくホルモン抑制に関連するものだろうと、先生と話していて、術後に確認することになっていました。

術後 3ヵ月頃に採血、その結果が返ってきました。やっぱりそうだったみたいで下がっていましたが、それでも 154 mg/dL、LDL/HDL比も 2.2 で、まだ高い。母譲りの高コレステロール体質なのです。ボーダーと言われました。また食事と運動、がんばろうね、と。

リュープリンを打ったときの signs & symptoms は自分の更年期の先取り疑似体験なので、おそらく来たるべき更年期にはスタチンが必要になるのでしょうが、まだちょっと抵抗したいのでがんばります。あー、また禁欲生活だわ。

わたしの場合、食事療法としては炭水化物を控える、糖分も控える、卵全般を控える、豆や野菜を食べる、などなどです。太らなくなるから、いいんだけどね。
スポンサーサイト

健康第一

2013.01.08.Tue
 新しい年を迎えました。今年の三が日も、1日あたり半日ぐらい仕事をしました。元日は家で過ごしましたが、2日と3日は半日実家に帰って家族と過ごすお正月でした。そしてようやく初納品を無事に済ませました。そんな風に今年も仕事ができるのも、家族の理解があってこそ。ありがたいなと思います。

 そして何より健康でいてくれること、自分が健康でいることは、仕事ができる条件としては大前提。最近このブログに書いてきたように、去年は健康上のことでバタバタしたので、つくづくそう思います。

 義母の骨折のことは書いたとおりですが、お正月に実家に帰ってみると、わたしの母にも少し健康上の問題が起きていました。

 (あ、ちなみに義母は、あれからリハビリ専門病院に転院 → 本当は1~2ヵ月入院してリハビリに専念した方がいいのに、3週間ぐらいで本人の意向で無理やり退院 → なんとか歩けるようにはなったのですが、まだ少し足を引きずっていて、現在通院中。もうちょっとお医者さんの言うことを聞いてくれ~という状態です。知らんぞ、どうなっても。)

 (それはさておき)母は、高コレステロールで定期的に通院しているのですが、最近の検査で血糖値も上がっていたらしいのです。まだ糖尿病とまではいかないようですが、黄色信号ぐらいではあるらしく、母はしょげていました。しばらく食事療法で様子をみましょうという段階らしい。

 「だったら、今のうちにがんばったら、絶対、数値下がるから」と、ネット上で比較的使いやすそうな資料を探しだし、プリントアウトして一緒にお勉強しました。といっても、「野菜を最初に食べる」「腹八分目」「お菓子は控える」という基本的なことや、大ざっぱな量の加減ぐらいですが、それだけでも効果は出るはず。具体的な量を少しずつ把握するうちに、「これぐらいは食べられるんやね」と、ちょっと元気が出てきたようでした。大まかなことは、すでに自分でも実践していたようですが、こわごわとしか食べることができないでいたようです。近いうちに、詳しい本を持っていってやらなければと思います。

 わたしは母の高コレステロール体質を受け継いでいるので、糖尿病についても母と同じく注意した方がいいかもしれないなぁと思いました。今の時点でも、コレステロールのことがあるので、食べる物には多少気を使っていますが、検査値が改善するとすぐに油断してしまっています。しかし、こうなると、本腰を入れて食事のことを考えなければ。

 なので、今年は食事を改善したいと思っています。

 実はこれまで、夕飯をけっこうな頻度でスーパーのお総菜に頼っていました。週に1~2回かなぁ。一日仕事をしていると、夕方にはグッタリして、食事のことを考える気力もつくる気力も残ってなくて、というのを言い訳にしてきましたが、でも、これではいけない。だから「お総菜に頼るのを止める」ことを目標にしようと思います。……っていうか、それ目標? 志が低すぎて情けないというか(涙)

 他の健康関連の目標としては、
 ① 睡眠時間をしっかり確保する。
 ② 運動もできるだけする。主にエアロビステッパー(通販生活で買った)活用、ぐらいになりましょうか。

 実はどちらも、去年の秋ぐらいから実行しています。だから続けるのが目標になりますね。夏が峠となるでしょう。

 ①については、やむを得ず夜中も仕事することは、今でもありますが、夜に無理して仕事しても、実際にはそんなに効率は上がらないんですよね。なので、できるだけ夜は仕事を離れて休んだり、別の本を読んだり、早めに寝たりしています。現時点で達成率80%ぐらい。

 ②については、ずいぶん以前からの課題ではあるのですが、めまいのときに処方されたメリスロンという薬が直接的なキッカケになりました。この薬の添付文書をPMDAからダウンロードして読んでみると、薬効は、脳と内耳の血流促進らしいのです。それなら、自分でも血流促進に努めなければ。そう思ったので、それまでは気が向いたときしか使っていなかったステッパーに、毎日1日1回は乗るようになりました。これを1日3回に増やしたいですね。

 長くなってしまったので、これぐらいで止めておきます。もうちょっと簡潔に書けたらなーと思うのですが、なかなか。

 ともあれ、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

前回の続き

2012.12.07.Fri
(前の記事の続きです。)
 気は進みませんでしたが、また同じ耳鼻科に行き、同じ薬を1週間分もらってきました。薬の効きが悪ければ、今度はメニエール病の薬に切り替えると言います。

 メニエール病のことは、あまりよく知りませんでしたので、1回目の診察でそう聞いたとき、家に帰って真っ先に調べました。ネット検索すると、トップに出てくるのは Wikipedia ですが、その次に出てくるのが、なんと難病情報センターのウェブサイト。一般的には、めまい=メニエールというぐらいに誰でも知っている病気ですが、本当は難病の一つなのです。重大な疾患なのを知ってうろたえました。

 なので、メニエールの薬に切り替えると聞いたときは、ほんまにそんな重大な病気かな?? と疑問に思いました。難病情報センターの記述によれば、有病率は高い地域でも10万人に46人と言われている程度で、そんなに多い病気ではありません。書かれている症状とも、ちょっと違う気がする。グルグルするめまいでもないし、寝込むほどつらい症状でもない。もちろん、単純に比較することはできないし、危険でもあります。でもそれにしても、あの先生、ちょっと安直にメニエールと結びつけすぎるんじゃないかな。

 そう思ったので、別の先生に診てもらうことにしました。いろいろ調べるうちに、日本めまい平衡学会というところがメニエール病にかかわりが深いらしいということを知り、学会のHPに専門医と相談医のリストがあったので、そのなかから市内の専門クリニックを探して行ってみることにしたのです。

 このころまでに、自分のフワフワ感は、めまいらしいということも、ようやく見当がつきました。なにしろこれまで経験がなかったので、めまいということが、なかなかわからなかったのですが、最初の耳鼻科のめまい検査では引っかからなかったけど、メニエールと連呼されるからには、やはり、めまいらしい。(この↓病院でも「軽いめまい症状の一種」と言われました。)

 で、行ってみたのですが、結論から言うと、このめまいが何なのかは、よくわからずじまいでした。これはたぶん、わたしの症状が受診時点でほぼ無くなっていたから、というのが大きいような気がします。

 この病院、初診の人は電話予約をして行くことになっているのですが、その予約が電話の1週間後にしか取れなかったのです。めまいについては有名な病院で、人気もあるらしい。電話の翌日ぐらいに行けてたら、ばっちり症状が残っていたと思うのですが、1週間後だったので、薬のおかげで症状が消えていました。症状が消えてたら診察を受けても無駄なんじゃないかと思ったので、電話の時にそう聞いてみたのですが、症状がなくても診察は可能だと言われました。だから行ってみたのですが、検査は軒並み正常(そりゃそうだ)。問診でも、いろんな可能性を探ってくれたのですが、やっぱり何もわかりませんでした。念のため詳しく調べてみるということで、後日、精密検査を受けることになっています。

 でも、予約の取りにくさと、そこの患者さんが多かったことから、めまいで悩んでいる人は非常に多いということが、よくわかりました。それがわかっただけでも、少し気が楽になりました。けっこうよくある、それほど悩むこともないことなのかもしれない。そんな気がしてきました。

フワフワする <いろいろありまして②>

2012.12.02.Sun
 実は、わたし自身にも少し変なことがありました。

 まず、ある朝、起きるとクラッとしました。ちょうど、義母が骨折した日の朝だったので、よく覚えています。骨折の連絡が来たのは夕方だったので、義母のこととの因果関係はありません。わたしは日頃から貧血なので(鉄剤はせっせと飲んでいる)、そのせいかな? と思いました。これまでは、そんなことはなかったのですが。

 その後、頭が妙にフワフワする感じがつきまとい、それがいっこうにとれません。日常や仕事にさしつかえるほどではないけど。耳も少し詰まったような感じがしました。エレベーターで急に上下したときのような感じです。

 わたしは月1回、漢方の先生に通っていて、たまたま翌日が受診日だったので、相談してみました。先生は、とりあえず脳梗塞を疑ったようです。そっか、それも疑ってみるべきだった。うっかりしていました。でも、何種類かの検査の結果は異常なし。一応、血液検査もしとくね、ということで採血。結果は翌月待ちですけど、たいした所見はなさそうな気がします。

 翌日以降もフワフワ感はとれなかったので、今度は週末に近所の耳鼻科を受診しました。

 まず聴力検査、それから、めまいの検査。でも、どちらも異常なし。次に眼の動きを拡大してみるとかで、眼にゴーグルのようなものを当てられました。その状態で、わたしの頭をあちこちに傾けながら、しばらく見ていた先生が「ははぁ……」と。何だろ?

 右眼がピクッ、ピクッ、と動いているというのです。普通に見ても、わからない程度に。おそらく内耳のバランスが崩れているものと思われます、という診立てでした。

 それって、どうしたらいいんだろう? と思っていると、こう言われました。「薬を1週間分、処方します。それを飲みきったら、必ずもう一度来てください。現時点の診断は『内耳性眼振(←そんな感じの言葉だったと思うけど、自信なし)』ですが、もし、同じ症状を何度も繰り返したり、だんだん進行した場合は『メニエール病』に診断が変わる可能性があります。」

 はい? メニエール?? 「今後の経過によっては、です。とりあえず、1週間後に来てください」と。

 処方された薬は、メリスロン。言われたとおりに毎食後、せっせと薬を飲みました。なかなか変化があらわれなかったのですが、飲みきる頃にようやく、フワフワ感がほぼ消えました。再受診してみたら、眼の揺れも治まっていると言います。なんとか一段落したみたいで、ホッとしました。

 ところが、それから1週間しないうちに、また再発したのです。(すみません、長くなるので次の記事に持ち越しますm(_ _)m)

コレステロール

2012.07.02.Mon
 最近、血液検査をしてみたら、総コレステロールとLDLコレステロール(いわゆる悪玉)が基準値を上回って高いことがわかってショックを受けています。

 実は、うちの母親が高脂血症で、かのファイザーが誇るブロックバスター、リピトール(でも特許は去年切れたけど)のお世話になっているので、遺伝的なものです。血液検査というものを初めて受けた高校生の時点で、すでに基準値上限にかなり近かった・・・。

 2年ほど前の検査でも高かったので、その頃に少し食事の改善を試みました。それまでお昼にはいつも近所のパン屋でパンを買って食べていたのを(パン、好きなのです)「ごはん、納豆、みそ汁」の日本人3点セットに変えたり、卵全般(いくら・たらこなどの魚卵含む)を控えたりしました。そのときは、それだけでかなり改善されたので、最近はすっかり油断して、お昼に残りご飯が切れていれば、パンを買いに行ったり(好きなので、つい・・・)、バウムクーヘンの類もけっこう食べたりしてたんですよねー。それがそのまま今回の検査結果に反映されたようです。ああ、体って正直。

 いつかは母と同じく、薬のお世話にならないといけないのかもしれませんが、まだちょっと早いし、とりあえず食事と運動で改善を試みることになりました。

 食事の改善として、炭水化物の比率を減らすよう指導されました。ヒトの体ってのは、エネルギーを使うとき、まず一番手っ取り早く使える炭水化物を使い、それがなくなると脂質を使うらしいのですが、炭水化物の摂取量が多くて脂質まで行き着かない人が、けっこう多いんだそうです。だから、まず炭水化物を減らすように言われました。

 それから勧められたのが、豆。やっぱり、って感じですね。といっても、これまでだって週に4日ほどは納豆を食べてるし、みそ汁もけっこう飲んでる方だと思うし、豆腐もよく食べてるんだけどなー・・・と、今ひとつ腑に落ちないながらも、ごはんを減らす分、常備菜として五目豆を作ることにしました。あと、ナッツもお勧めだとか。これはちょっと意外でした。脂質、高いと思うんだけど・・・と思って、改めて食品成分表で調べてみたら、脂質はたしかに高いけど、コレステロールはゼロでした。

 先生が言うには(月1回、漢方の先生に通ってて、その先生に血液検査をしてもらったのです)、脂質は多少摂っても案外大丈夫なので、あまり神経質に気にしなくていいんだとか。まぁ、それほど量を食べるものではありませんが。

 あと、簡単な目安として、20歳のころに特に太っていなかった人は、その頃の体重を理想体重とみなす考え方もあるそうです。初めて聞きました。わたしはその頃から3~4 kgほど増えています。極端には増えていません。でも、ちょっと食べ過ぎたりして増えると、以前は少しの努力で戻ったのが、最近はなかなか戻らなくなっているのは確かで、代謝、落ちてるのねーと実感してました。「体重を2 kgほど減らせば、コレステロールにもだいぶ変化が出ると思いますよ」と、先生に朗らかに言われたので、いい機会だと思ってありがたくダイエットに励むことにしました。

 そういうわけで、今はごはんをこれまでの半分に減らし、せっせと豆を食べてます。仕事の途中でつまんでいたお菓子も全面的に止めました。砂糖が炭水化物そのものだし。ちょっと、つらい(涙)。ナッツを時々少しだけつまんでしのいでいるので、ハムスターの気分です。どうしても甘いものが欲しいときは、メープルシロップが甘味料としては炭水化物が比較的少なそうだったので(これ、ちょっと高いんだけどね)、コーヒー、紅茶に入れて飲んでます。
 
 運動については、とぎれとぎれでいいから、一日にトータル30分ぐらい歩くことを心がけてね、と言われました。ああ、これから暑いのに。これが一番の難関。苦手~。でも、そんなことも言っていられなくなったので、とりあえず、以前に通販生活で買って、床に埋もれているエアロビステッパーにちょっと乗ってみたりしています。ますますハムスターの気分です。
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。