スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンターが壊れた?

2009.05.30.Sat
新規の短納期案件にとりかかろうと、まずは原稿をプリントアウトしようとしたら、いつも通りに紙をセットしているにもかかわらず、プリンターが用紙を認識しないのです。さては壊れた? しかも、短納期で急いでいるこのタイミングでいきなり? と青ざめました

原稿は、1枚だろうが100枚だろうがプリントアウトします。最近はほとんどがワードかPDF原稿、ワードなら画面上で原稿をみながら上書きというこのご時世なんですが、脇に紙原稿がないとどうも落ち着きが悪くて生理的にダメみたいです。訳しながら、少し先や全体に何が書いてあるのかを斜め読みするには、紙原稿の方がずっと楽なんですよね。画面上で同じことをしようとすると、スクロールの負荷は相当なものになります。データ原稿にも無いと困る便利な点は多々あり、恩恵を受けてはいるんですけどね。

さて、プリンターなんですが、プリンターの電源を一旦落として再度つけても、コンピュータを再起動させても状況は変わらず。プリンターの取説を読んでもろくなことは書いていないし、それに焦っているし、プリンターにばかり時間をかけていられないというわけで、しかたなく画面上だけで訳し始めたんですが・・・うぅぅ、やっぱり気持ち悪い~~

夜に夫がうちに帰ってきた頃には、もう半泣き状態。どうしたどうした、というわけでプリンターでとりあえずテスト印刷してみると、スンナリ印刷できるんですよ、これが。「え~っ!?」とびっくりして、慌てて原稿ファイルを印刷しようとすると、再び用紙を認識しなくなります。「なんで!?」と、今度は試しに別のファイルを印刷すると、これはチャンと印刷できる。というわけで、どうも問題はファイルにあるらしい、ということがようやく分かりました。

ファイルはクライアントさんの仕様だったのですが、設定を細かくみていくと、ワード2003のページ設定の「用紙」の項目が既定値ではなく、なぜか「手差し(定型紙)」になっており、どうもこれが原因らしい。既定値にしてみると、アッサリ印刷できました。プリンターは壊れたのではなく、むしろ几帳面に仕事してくれていたわけです。一瞬、思わずアマゾンにプリンターを注文しそうになったぐらい頭が飛んでいたのですが、まだまだ健在みたいです。寿命かと疑って悪いことをしました ちょっと遅い!とイライラさせられるときはあるけど。

ホッとしましたが、すごく疲れました・・・。短納期でこの最初の時間のロスは痛かったです(なんとか納品しましたが)。こういう細かい設定は、ほとんど気にしたことがなかったので、まったく頭に浮かばなかったんですよね。こういうこともあるということで、ここにメモしておく次第です。

スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。