スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためて

2013.01.13.Sun
 わたしはブログ巡りが好きで(←暇なんかいっ、と突っ込まれてもしかたありませんが)、よくいろんな意見を読ませていただいています。年の初めのブログには、年頭の抱負を書かれた方も多く、そういうのを読んで、自分もがんばらねばと気合いをいただいたりしています。そんななか、ご意見がかなり重なる2つのブログに遭遇しました。それぞれまったく無関係なブログで、一方は翻訳業をなさっている会社経営者のブログ、もう一方は別業種で独立営業なさっている方のブログです。

 その内容は、おおむねこういうものでした。時代の需要とか流れとか、そういうものを読んだりキャッチしようとすることも大事かもしれないけど、あまりそういうものを気にかけるよりも、結局は「自分はこうしたい」ということを前面に押し出した方がいい。そういうことを、それぞれの書き方で書かれていました。その内容には大いに勇気づけられました。

 わたしがしたいことは、翻訳原稿の英語をきちんと深く読み込んで、それを一番正確で一番いいと思える美しい日本語に移し替えること。それに尽きます(わたしの仕事は英日ばかりなので)。まだ遠く及びませんが。

 「美しい」という形容詞については、説明が必要かもしれません。かなり以前のことになりますが、先輩翻訳者の訳文を1パラグラフほど読んだとき、実務翻訳であるにもかかわらず、何よりもまず「美しいな」と感じたことがあって、そのときの感激が忘れられないのです。もちろん文書の性質上、谷崎や三島ばりの美文とか、そういうのではないのですが、とにかく読みやすくエレガントな文章で、こういう文、わたしも書きたいと思いました。「実務翻訳であるにもかかわらず」というのは、わたしの心得違いかもしれません。実務翻訳の文はどちらかというと無味乾燥、そんな思い込みがあったのかもしれません。

 上記ブログの翻訳業の方は、業界全体の動きなどにも頓着しておられないようでした。全体に値下げに走る同業他社も多いなか、ご自身の会社は値下げには一切応じず、求められた方針に合わせられないと思ったら、遠慮なく断ってきたそうです。清々しい姿勢だなと思いました。

 同時に、それは自分の仕事に責任を持つということに通じると思いました。自分がいいと思わない仕事に、責任を持てるわけがありませんから。自分のしたいことが、単なる自己満足に終わることであれば、軌道修正が必要な場合もあるでしょうが。

 わたしの場合、翻訳業界全体の動向がどうとかというのは、自分の器ではないのでわかりません。そういうことに対して無関心でいてはいけないかもしれませんし、アンテナを磨くのも大事かもしれません。でも、最も大事なのは、目の前の仕事を期限までにミスなく最善のものに仕上げること、取引先とのやりとりは丁寧に時間をかけてすること。これも上記ブログ主の方が書かれていたことで、大いに共感した一節です。そもそも、それだけで精一杯だし。

 今の取引先では、取引きを始めた頃、参考資料を渡されて、それをもとに「一番いいと思う翻訳をして下さい」と言われたことがありました。翻訳そのものについて、それ以外のことを要求されたことはありません。ありがたいことです。

 自分のやり方が間違っていれば、そのうち頭を打って思い知ることになるでしょう。そのときは、そのときです。しかたがありません。でも、仕事の依頼があるかぎりは、わたしは自分のしたいことを大きくは変えられないような気がします。自分のしたいことであれば、失敗しても納得できるでしょう。せっかく一人で仕事をしているのです。そのことを生かして、やりたいようにやっていこう。そんなことを思いました。

スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。