スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のためのものなのか

2014.03.21.Fri
これが○日までで、あれが○日までで、いつまでに何をして、何が○日にあって・・・というのにセッセと対処していたら、あっという間に3週間も経ってしまった。早い~(涙)

「ダラス・バイヤーズクラブ」という映画を観てきた。終映日のレイトショーにすべりこみ。もう上映期間が過ぎてしまったところが多いので、今になってのご紹介で申し訳ありません。

男の名前はロン。ロデオと酒と女の日々をおくり、ある日ロデオで賭けをするが、負けると金を払わず逃げ、その日暮らしのトレーラーハウスに戻った瞬間に、膝から崩れ落ちる。病院のベッドで目覚めると、医師が彼に告げた。HIVの陽性反応が出て、余命30日であることを。有名俳優のロック・ハドソンがエイズであることが公表され、同性愛者しかかからない病気、そんな根拠のない噂が蔓延していた時代。同性愛者でもないのになぜ!?と納得できないロンは、図書館で新聞記事を閲覧し、情報を漁る。そして自分はエイズであるという真実がつきつけられる。生きたい欲求にかられた彼は、自分を診察した女性医師イブを訪ね、AZTという未承認の薬を処方してくれるように頼むが、断られる。そこで彼はメキシコへ渡り、毒性の強いAZTではなく、アメリカでは未承認だが効果がみこめる薬を国内に持ち込み、患者たちにさばき始める。彼に慈善の心などなかった。素行が悪く、ゲイ・コミュニティーに嫌悪感を持つロンが、販売ルートを広げるのは難しい。そこで彼は、美しいトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れる。日本をはじめ、世界中から仕入れた薬をさばくために考え出したシステムが「ダラス・バイヤーズクラブ」だった。会費を募り、必要な薬を無料で配る。名目的に薬の売買はない。その彼らの前に立ちはだかったのが、AZTを推奨し始めた医師たちと製薬会社に政府。ロンは、弁護士を使い、 “個人の健康のために薬を飲む権利を侵害する”国の動きに対して徹底抗戦の構えをとる。彼を見殺しにしようとする世界に対する戦い。一人の男が、生きる権利のための戦いに挑んでいく。


「政府と製薬会社に一人戦いを挑んだ男の感動の《実話》」。HIV陽性で余命 30日と宣告されてから、必死で生き延びる道を探り、7年間生きたそうです。

いろいろ考えさせられました。エビデンスレベルが最も高いとされる二重盲検、プラセボ対照試験は、本当に患者さんのためになっているのか? そもそもエビデンスって誰のため?「承認」ってそんなにエラいのか? 今の制度は本当に患者さんを救うものになっているのか?

わたしは治験翻訳にかかわっているし、いい薬を患者さんや医療現場に早く届けたいという製薬会社の善意を信じる者ではあるけど、会社なので所詮はビジネス。相当なゴリ押しもあるだろうし、現に、データ改ざんによる誇大広告も今まさに大問題になっている。

患者さんにしてみれば、効果があって毒性の低い薬を手に入れたいだけなのに、その機会を制度に阻まれるとあれば、制度って何のため?ということになる。映画でも、そのことに悩む医師が辞職していた。

自分を守れるのは自分だけ。いろんな情報に頼りすぎず、惑わされず、いつでもしっかり自分の目を開いていないと、と思いました。
スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。