スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年回り

2010.06.15.Tue
先週のある朝、このブログには滅多に出てこないウチのダンナさんが「お腹が痛い」と体を丸めて歯ぎしりしながらうめくので、ビックリして病院に連れて行ったのですが、どうも原因がよくわからなかったので「この際だから、よく調べてみましょう」とお医者さんに言われ、そのまま検査入院となってしまってバタバタしていました。

なんせ病院に担ぎ込んだときには、「なんで救急車で来なかったんですか」とお医者さんに絶句されたほどの激しい腹痛で(本人が「絶対にイヤだ」と受け付けないのでタクシーに来てもらったのです)、「虫垂炎かもしれません」と言われて「ええっ、手術~?」と慌てたのですが、その場の検査ではどうも可能性は低いということになりました。虫垂炎というのも、あれでけっこう診断が難しいらしくて、最初はそうではないように思われても、しばらく時間経過をみないとわからないことがあるそうです。それで、しばらく様子を見させてほしいということで検査入院となりました。診てくれた当直の先生は、まだ若い内科の先生でしたけど、「あんなに痛いんじゃ大変ですよね。よく調べてみましょうね」と、なかなか親身な先生でよかったです。

ただ結局のところ、不思議なことに入院翌日には腹痛もすっかり治まり、入院当日から土日を挟んで5日間絶食して血液検査数回、レントゲン、造影CT、胃カメラ、大腸ファイバースコープなど一通り検査したのですが、たいした所見は見つからずじまい(大腸の検査では、ポリープ1個とリンパ節の腫れたところがあったらしいのですが、「つまんでおきました」で終了)。いったい何だったのだろうと思うのですが、本人もいたって元気で、一応、大過なく今週の終わり頃には退院できそうでホッとしているところです。

入院した病院は、2月に母が入院したのと同じ病院。どうも今年は、この病院に縁があるなーと妙な気分です。うちの近辺では、よく利用されている病院だろうとは思うのですが(近隣の病院事情に詳しくないのでよくわからない)、この辺りに引っ越してきた3年半ほど前から今年に入るまで、一度も来たことがなかったんですよね。それなのに、今年に入ってから半年も経たないうちに身辺のヒトが2人も入院。そういう年回りなんでしょうかねぇ。年齢のせいもあるのかも(涙)。こんなことは人生で初めてです。平穏無事な日常なんて、ほんとに偶然の産物に過ぎないんだなぁという気がしてきます。

ともあれ、そんなこんなで、今週に入ったとたんにすっかり気が抜けて、グターッとなってるところです。同時に、仕事もポッカリ空いてしまいました。う~ん、こういうタイミングだから少しは休みたい気もするのはたしかだけど、こういうタイミングだからこそ、仕事が来てくれたら気持ちを切り替えられていいのになぁ……というこちらの思惑にはまったく関係なく、無いのですからしかたないですね(涙)。しばらくは、じっと我慢してみます。

いざというときは誰もがお世話になるありがた~い医療ではあるのですが、たまたま今日、国保料の通知が来たのを開いてみたときには、どこのぼったくりバーの請求書かと思いましたよ。やれやれ、です。



にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 6月 | HOME | B級グルメ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。