スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼の解剖学

2011.09.17.Sat
 慣れない眼科関連の詳しい調べ物が必要なお仕事ができて、あちこちをひっくり返しながらエッチラオッチラと作業中です。3連休、関係なしです。ううう慣れてないよう、わけわかんないよう…と愚痴りながらも、わかんないところはわかるまで調べるしかありません。このお仕事が終わる頃には、ちょっとは自信がついているはず…と、そんなことを考えながら、がんばるのであります。いや、終わった瞬間に、きっとすべて忘れるのですけど。

 そんな調べ物の最中に、秀逸なサイトを発見しました。眼の解剖学に関するサイト「視能解剖学 概論」です。帝京大学の視能矯正学科というところが提供してくれているようです。

 情報の質、量とも素晴らしいです。自分の手元にも一応、これまでにパラパラと買った眼科の本はあるのですけど、専門家向け 1冊、コメディカル向け 1冊、疾患限定(しかも今回の件とは別の疾患)で 1冊では、ちょっと足りません。今の仕事ではこのサイトに本当に助けていただいています。字はもちろん多いのですけど、図も多いし、見やすいし、内容もかなり踏み込んだところまで、よくまとめられているし。とってもお勧めです。

 おまけに、各ページの右下隅にはPDFページへのリンクも用意されていて、プリントアウトにも配慮してくれています。縮小85%推奨だとか。

 眼科の解剖学って、眼科の専門書を除いては、なぜだか普通の解剖学の本にはあまり載っていません。かの「臓単」には眼の項目がないことに気がつきました。なぜなんだ…。

 ちなみに、ネッターには、かなり詳しい構造もある程度載っていますが、網膜の微細構造などは、ほとんどなくて残念。金芳堂の「解剖学」は、さすがに他の項目と同じように少しまとまった記載があるので偉いなーと思いました。
スポンサーサイト
コメント
まいどです~。

こんなにしっかり眼科領域に関する記載のあるウエブページは初めて見ましたです~。「視能矯正学科」って初めて聞きました。色々な学科があるんですね。ちなみに、「臨床のための解剖学」には、ちょっと詳しい記載がありました(nobaraさんのご期待に沿えるレベルかどうか分かりませんけど)。大枚はたいて買ったのでちょっとほっとしました。
私も、実家関係の外出以外は、3連休なしです~(私には難しすぎる案件で、もう遅いですけど、お引き受けしたことを、ちょっと後悔しています)。お互い、頑張りましょうです。ではでは。
こんばんは♪

すごいでしょ?スンバラスィ~、と感動してしまいましたのでご紹介に上がりました。しかもタダです。眼科は、わたしの場合、そんなに仕事はありませんが、それだけにありがたいことです。「視能矯正学科」って珍しい名称ですよね。わたしも初めて見ました。

「臨床のための解剖学」、Sayoさんのブログで読んで気になっていたのですが、まだ実物を確認するに至っていません。とても良さそうな本ですよね。見てみたいです。

それではお仕事、がんばりましょう~。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。