スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまで働ける?

2011.10.27.Thu
 この仕事をいつまで続けられるんだろうかねぇと考えることは時々ありまして、最近では、小規模企業共済に加入したときになります。これは今年になってから入ったもので、以前にこの記事でご紹介した「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」という本に書かれていて、そのうち節税対策のために加入しようかなと考えていたのを、ようやく実行に移しました。

 で、加入した後に制度のしくみを書いたものをマジマジと読んでいて(←そういうのは加入する前に読みましょう)、ある事に気がついてガクゼンとしました。「掛金納付月数に応じて、掛金合計額の80%~120%がお受け取りいただけます。掛金納付月数が240か月(20年)未満での受取額は、掛金合計額を下回ります。」と書いてあるじゃないですか。ご丁寧にアンダーラインまで引いてあるし。

 ササーッと青ざめてしまいました。いや、20年払えばそれでいいのでしょうが、これから20年も働けるんかいな、どうなんかいなというと、自信がないかも、と思ってしまったからなんです。

 先に言ってしまうと、わたしはアホな勘違いをしていて、上の文言は「解約手当金」についてのものでして、事業の継続中に解約して、お金を受け取る場合に80%~120%ということになるようです。廃業に伴う「共済金」として受け取る場合は、掛金全額+αが受け取れるようです(ほっ)。

 それにしても。わたしは、あまり深く考えずに翻訳の勉強を始め、後に引けなくなって今に至りますが、勉強を始めるときには、「手に職を付けたら、年に関係なく働けるよねー」なんてことも考えていました。でも、実際に仕事として始めてみると、見た目以上に体力を消耗する仕事で、一日の終わりには脳味噌が絞りかすになってるし、全身グッタリだし。だいぶ以前、人づてに、体力がなくて普通の勤めができないので、翻訳の勉強をしているという人の話を聞いたことがありますが、はっきり言ってそれは見込み違いをなさっていますと申し上げたい。お会いすることはありませんでしたが、今どうしてらっしゃるやらと思います。精神的なプレッシャーも合わせると、かなりタフじゃないと無理だと思う(わたしのようなヘタレもいますが)。実際に、体の限界を感じて自主的に、あるいはやむを得ず、休廃業に至ったという話も聞きます。

 上の「解約手当金」のことで、まだ勘違いしているとき、うちのダンナさんに、「わたし、これから20年働けると思う?」と聞いてみると、「今のままだと絶対無理だと思う」と即答されました。傍から見ても、大変そうやなぁと思うそうで。それならそれで、働き方を年齢に応じて徐々に変えていけばいいかなーとは思うんですけどね。

 実家の父親は、人生の途中から自営業に転じたのですが(職種は違いますが)、65歳ぐらいでスッパリ廃業しました。仕事人間だったのですが、体力と経費と儲けを天秤にかけて決断したようです。自営業であっても、いつまでも働ける限りということはなく、やはり引き際というものはあるようです。わたしの場合は、自宅から離れた仕事場を無理に構える必要もなく、その分の経費はかからないと思うので、父の例が当てはまらない面もありますが。

 暗いことばっかり書いてスミマセン。でも、最近、会社勤めの友人に、「60歳過ぎてから64歳まで、翻訳の仕事ってできると思う?」と聞かれて、う~~ん、と即答できなかったのは、それもあります(あ、会社で翻訳してます、その人は)。まぁ、わたしも目指しているというところでしょうか。

 一方では、この業界、50歳60歳なら、まだ若手だよという話もあるんですけど(これは技量の話)。

 体力面だけではなく、周囲の状況、具体的には家族の世話という問題にも、いずれ直面することもあるでしょう。今は、実家の両親も、うちのダンナさんの両親も元気でいてくれて、子供もいないので、ほとんどの時間を自分のために使うことができていて、本当に贅沢だと思います。でも、いざとなっても仕事は絶対続けたいので、きっと何とかしていくと思うのですが。

 もちろん、わたしより年齢層が上のベテランの大先輩ももたくさんいて、共通するのは、元気で楽しそうなところのようです。体力的にはやっぱり、ある時期やきっかけから意識的に体力づくりを始めた方が多いみたい。ちなみに、うちにも一応、カタログハウスで買った「エアロビステッパー」がリビングにドン!と置いてあります。実家の父が、たまにうちに来ると、おもしろそうに乗っています。わたしも、これから(←おい!)活用しよう。

スポンサーサイト
コメント
こんにちは
こんにちは。お久しぶりです!
共済については初耳で、いずれこういうものに入るのもよいかな~、と思いました。来年から扶養を外れて働こうと自分では思っているので(夫はまだ扶養内で働いてほしいらしいけど)、国民年金基金にまた入ろうかな、などとは考えております。

年金をもらえる65歳、あるいは70歳くらいまで翻訳できる体力は、今のところなさそうだ、とnobaraさんのブログを読んで弱気に思ったりもしました。でも好きな英語でおこづかいが得られる状態が続いていけばよいな、とも思います。

ところでしばらく前の眼の解剖学のサイトのご紹介ありがとうございました!仕事に使わせていただいてます。また色々教えて下さいませ(^^)/
Re: こんにちは
リスノ(幸せ英語人)さん、こんにちは。

こちらこそ、ごぶさたしてますー。リスノさんのサイトは、こっそり立ち読みしてますが(^^;)。
参考にしていただけて幸いです。ただ、扶養を外れると、自治体にもよるかと思いますが、健康保険料がたぶん鼻血が出るほどの額になるかと思いますので、老婆心ながらご主人様とよくご相談なさった方がよろしいかと。どんなに経費を使っても、扶養の枠を大きく超えるときは、しょうがないですけどね。わたしは最初の数年間、辞書、参考書を買いたおして、ギリギリまで扶養にしがみついていましたe-263

それでは、また!
おぉ!それも知らなかった!
こんにちは。健康保険料がそんなにも高いということも(以前、任意継続で月13000円くらいでしたがそれくらい?)あまりわかってませんでしたが、それよりもなによりも、扶養の枠を超える計算に経費を使ってもよいということは知りませんでした!!これって大きいですよね!教えて下さりありがとうございます-。大感謝v-238。以前、青色申告の無料相談会でこれについて聞いて、税理士さんが(自信なさげに?)総収入で計算する、と教えてくれたのを鵜呑みにしていた自分がアホでした。夫の健康保険のウェブサイトを見ると年間収入の例として、給与所得などと共に事業所得が挙げられているのを見つけました。実はここ1ヵ月ほど扶養枠を超えないようにと働き方を調整していたのですが,その必要がないことがわかりました。経費を差し引いてよいなら、来年も扶養を外れない(外れるほど仕事がもらえない)ような気もします。情報をありがとうございました!
(立ち読み歓迎です♪ どうぞまたいらして下さいませ☆)
Re: おぉ!それも知らなかった!
> それよりもなによりも、扶養の枠を超える計算に経費を使ってもよいということは知りませんでした!!

ええっと、わたしはそのために師走に入ってから慌てていろいろ買い込んだ記憶があります(^^;) このあたりは、リスノさんの状況に応じて慎重にご確認なさってみてくださいね。

自営業者にとって経費は大事ですよ!扶養を外れないように仕事を調整するなんてモッタイナイ!!経費をカシコク使ってジャンジャン働きましょう~。記事に書いた「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」という本は、大ざっぱですが、わかりやすいと思いますし、もちろん他にもいろいろ本はあると思いますので、そのあたりも一度研究なさってみられることをお勧めします。

ではでは~。

(あ、健康保険料は、収入に応じて金額が変わりますが、たぶん間違いなくとっても高いです!)
注文しました~
さらにアドバイスありがとうございます!
「フリーランスを代表して・・・」は以前から気になっていた本です。nobaraさんが今回勧めて下さったので図書館で借りようかと思ったら、貸し出し中&予約が4人も入っていることがわかり、先ほどブックオフで注文しました。nobaraさんのブログでの紹介を読んでも楽しく学べそうですし、届くのが楽しみです。まずはこれで経費についても勉強しようと思います♪(ほぉ、経費をうまく使えばジャンジャン働くことが可能なのだ~!あ、依頼があればですが!)
まだ基本的な辞書が揃えられていないので、年末にかけて購入することも選択肢に入れてみたいと思います。健康保険料も機会を見つけて確認してみます~。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。