スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の申告

2012.02.25.Sat
 今年もなんとかかんとか確定申告を終えることができました。税務署から何かまちがいの指摘がなければですが。毎年、年明けからこれが終わるまでは気になってしかたがないので、終わるとホッとします♪

 一昨年から青色申告をしていますが、去年までは10万円しか控除されない簡易申告だったところ、今年は65万円控除を受けることができる複式簿記による申告にチャレンジしました。もちろん会計ソフトに頼りまくり。使ったソフトは「やよい」です。「やよい」への入力にあたっては、「日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド」という本にお世話になりました。わたしは簿記に関する知識はまったくなく、なんとか申告を終えた今でも、借方とか貸方とかいう概念は説明しろと言われてもできませんが、それでも、この本に従ってセッセと項目を選択し、金額を入力していけば、わからないなりになんとかなりました。

 ただ、この本だけではわからないことも、いくつかありました。例えば、この本は期中の処理については、とても丁寧に説明してくれているのですが、期をまたぐ場合の処理については、ほとんど説明がなかったので、その点でちょっと困りました。平成23年1月より前に発生していて、実際の金額の出入りが1月以降にあった売掛金とか、クレジットカードでの買い物とか、あと減価償却費とか。ネットで探し回った結果、こういうのは、どれも期首残高として処理する項目だということを今回初めて勉強しました。やよいでは「設定」の「科目残高入力」という項目で入力します。でも、これは「やよい」がどうのこうのというより、簿記の基礎の基礎にあたるらしいので、まるで勉強していなかったわたしも悪いのですけど。

 あと、この本では、入力の説明をするときに「やよい」の画面の絵をそのまま載せてくれているのですけど、この画面の絵がちょっと小さくて、画面上の字を読もうとすると、とても小さくて見づらかったので、中高年にはちょっと優しくないぞ!と思ってしまいました。

 でも、とにかく、この本がなければ入力処理は不可能だったと思うので、全体には大いに役立つよい本だったと思います。

 ただ、申告が終わってしまった後で、経費に入れることができるのに、入れていなかったものがあることに気がついてしまいました。

 まず、光熱費。うちでは光熱費を全部ダンナさんの口座から引き落としています。これについて、わたしは勝手な思い込みで、自分の口座から落ちているものでなければ経費にできないと思っていました。だから、これまで経費の光熱費の欄は記入していませんでした。携帯とかプロバイダー料金などは、自分の口座から引き落としているので、その一部を経費にしてますけど。でも改めて調べてみると、実際には、「生計を一にしている」のであれば、家族の口座からの引き落としであっても、仕事中に使っている電気代などは、電気代全体のうち○%というかたちで経費に算入できるらしいです。暖房冷房は電気に頼っているので、これは痛かった。さっそく、1月分からの光熱費の請求書兼領収書を「確保」しました。来年はきっちり計上しようと思います。

 それとコーヒー代。わたしはコーヒー中毒で、仕事開始前、仕事中の休憩、仕事終了時の一息にコーヒー(インスタントだけど)を補給しなければ動けない依存症状態なのですが、こういう場合、このコーヒー代を経費にできることも知りませんでした。お菓子もいいんだろうか。「コーヒーって、わたしの経費にできるらしいよ」とダンナさんに言うと、「だったら、ゴールドブレンド買って♪」とか抜かしてましたけど、ま、いいでしょ。一日中勤めに出ているダンナさんが家で飲むコーヒーなんて、微々たる量だし。高いレギュラーコーヒーでもネスレのカプチーノでも、好きなの買っていいよと、言ってあげると喜んでました。ダンナさんは単純な人なので、助かります。

 経費ではありませんが、去年は震災のため寄付した方も多いと思います。わたしも何カ所かに寄付させていただきました。このうち、寄付先によって控除の対象になるところと、ならないところがあることは知っていましたが、控除対象となる寄付先にも、いくつかカテゴリーがあって、それぞれに扱いがちょっとずつ違うことは知りませんでした。でも、国税庁の確定申告書作成のHPで申告書を作成するときに、寄付先を1件1件入力してカテゴリーを選べば、自動的に処理してくれました。添付書類が必要な場合もあるようなのですが、その添付書類も自動的に作成してくれるようです。ホントによくできてますよね、このHP。毎年、感心してしまいます。

 そんなわけで、経費の面でいろいろと抜けているところはあったのですが、税務署側にとっての必要事項は、たぶん満たしていると思います。還付金は「6週間ほど見といて下さいねー」と言われました。e-Taxにしたら、もうちょっと早いんだろうか。でも、手続きがめんどくさくて(区役所に行ったり、電気屋さんに行ったり)、まだやる気になれません。税務署は、うちの近くではありませんが、たまたま、月1回通っている漢方のお医者さんが税務署の近くで、ついでに行けるので、それほどめんどくささを感じないのです。なので、当面、紙ベースで申告すると思います。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。