スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に負けない

2013.03.21.Thu
 またもや翻訳者の集まりに参加させていただきました。記事のアップまでにずいぶん時間が経ってしまいましたが、お世話してくださった方々、一緒に過ごした皆さま、どうもありがとうございましたm(_ _)m

 翻訳は人に会うことが少ない仕事だけど、だからこそ、いろんな人に会うのは本当に大事だと思う。前回の記事にも同じことを書きましたね。仕事上のお役立ち情報を分け合えるとか、それもありますが、それだけじゃなく。

 この仕事に限ったことではありませんが、仕事を続けていく上では、いろんな困難があります。今回、参加なさった方々のなかにも、家族のお世話をしながら、細々とでも、とぎれとぎれでも、仕事をあきらめずに続けてきた方がおられました。そういう方がいらっしゃるだけで、とても励みになりました。

 というのは、実は昨年に骨折した義母が(そのときの記事)、先月に再骨折したんです。今はリハビリ病院に入院中ですが、退院後の生活が、ちょっと心配。そうは言っても、わたしはわりと恵まれていて、義父も健在だし、義理の叔母(義母の妹さん)も義母の近所に住んでいて、手助けをしてくれています。だけど頼りっぱなしというわけにもいかず。

 精神的にヘタレなわたしは、それだけで、これから先に不安を覚えてしまいます。仕事、続けられるかなぁと。でも、家族の介護をしながら、がんばってこられた先輩方を見ると勇気が出ました。わたしもがんばろう、この方たちのように、いろんなことに前向きに向き合おう、と。不安に押しつぶされずにがんばらなくては、と。

 ところで、わたしはなんでこんなに仕事にこだわるのかね、とも思います。リンク先の Sayo さんも書いておられるのですが、集まりではアンケートがあって、「翻訳の仕事の醍醐味は? 何が楽しくて翻訳を続けている?」という質問がありました。(Sayoさん、勝手に引っぱってきて、すみません。)

 回答には、パッと思いついたことをチャチャッと書いてしまったのですが、その後もなんとなく考えていました。

 わたしの場合は、自分の存在意義を仕事に頼っている部分があります。大いにあります。仕事をしていないと、何をしていいかわからないという…。明らかに、仕事中毒のおじさんと同じ症状です。

 しかし、それだけでもないような。やっぱり、今の仕事だからだと思います。

 なんでかなーとツラツラ考えてみた結果、この仕事が、ひたすら自分との戦いだからかもしれないと思いました。品質を上げるも下げるも自分次第。そんなところが醍醐味なのかなぁ、と。←なんか、エラソーですね、わたし(笑)。

 内容の正確さを目指すのは、当たり前ですが(いやいや、これだけで相当苦しくはあるのですが)、それだけではなく、新しい仕事のたびに、もっとプロらしい文章、読みやすい文章を書くには、どうしたらいいのかなぁとか、もっと質が高いと思ってもらえる訳し方、できないかなぁとか、自分の力が及ぶかぎり「上」を目指したいと思える、そういう仕事だから、好きなのかもしれないと思いました。自分で「完璧!」と思える仕事なんて、まず、できたことがないですしね。

 そして、訳した人がどんな姿勢で仕事に取り組んだのかが、成果物としての訳文に如実にあらわれる。そういう恐ろしさも、やりがいにつながっているなぁと思います。

 まぁ、翻訳は基本的にサービス業なので、外部に左右される部分はいろいろとあります。でも、長期的にどんな仕事がしたいか、どういう仕事を目指したいのかは、自分の意志で決められる。でも、自分に負けてソコソコの仕事に甘んじれば、それまで。そんな厳しいところが、気に入っているのかもしれません。うん、完全にマゾかも。

 いろいろな言い方はできますが、煎じ詰めれば、他の方々と同じことを言っているような気もします。
スポンサーサイト
コメント
まいどです~。引張られたSayoです。

先日はありがとうございました。
ちょっとお席が遠くてゆっくりお話できる時間がなかったのが少し残念でしたが、Nobaraさんとは、またゆっくりお話できる機会もあるでしょうから、いいや。

自分次第でどうにでもできる、という部分、確かにこの仕事にはありますよね。それから、仕事以外の部分が仕事に介入する、ということも、皆無ではないにせよ、会社員よりは随分と少ないだろうし。その代わり、会社員の享受できる諸々の福利厚生はないし、常に自宅にいるということで、(特に女性は)、他人様から「もっと手厚く介護もできるだろうに」という目で見られることもあります(このあたりは、かなり変わってきたような気がしますけど<なので、どうぞご安心を<てことで「ありました」と過去形に直しときます)。結局は、自分がどちらを取るかということになるのかなあと。

「満足することはない」(色々な意味で)ということが、この仕事では特に大事なことのような気がします。あと、Mであることも。

そのうちまたゆっくりお話いたしましょう。ではでは。
お義母さん、ゆっくりでもすんなり、もと(に近い)生活に戻れるとよいですね。でも、まだまだお若いから、多分大丈夫。
ん~、わかる!
先日は参加できず残念でしたが、またお話し聞かせてくださいね。

自分の存在意義ってわかります。そしてMも。
私たちって、アスリートのようなアーティストのような、でもやっぱり職人でしょうかねえ。
私は長い育児休暇中に、外部から遮断され、母として、主婦としてのみの自分の存在意義に疑問を感じ、再びこの楽しくも苦しい世界に戻って参りました。
苦しいです。でも楽しいです。ここが自分の生きる世界だなあと思います。
そしてその思いを共有できる仲間の皆さんと交流できてとってもうれしいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。
nobaraさん、こんにちはー。

去年の後半からブログを通して、
そして先週はついに同業者の皆様方にお目にかかることができ、
その出会いの中で己を知る機会もいただき、
私としてはとても実り多い時間を過ごさせていただいております。

ですので、あとは自分のメンタル勝負!
強さと柔軟性を併せもつ人間になりたい、といつも思って(は)おります。
お互い仕事を通した成長を意識していきたいですね。
(私は人生の多くを仕事が占めているものでして・・・→まずはこれから改めたいのですが)

お義母様、順調に回復に向かわれますように。
Sayoさん

快く引っぱられて下さって、ありがとうございます(^_^)

> 「満足することはない」(色々な意味で)ということが、この仕事では特に大事なことのような気がします。

本当にそうですよね。満足してしまうと、そこで成長が止まってしまうので、貪欲な探究心が必要になりますね。いろんな人に会って、刺激を受けることも大事ですね。
また、お会いして、いろいろと話しましょう。

義母のことも、お気遣いいただいて、ありがとうございますm(_ _)m それでは♪
Re: ん~、わかる!
tomokoさん

コメントをありがとうございます!

tomokoさんは、これまでご家族のためにずっと尽くしてこられて、それでいて自分を見失うことなく、仕事への希望を持ち続けてこられたんですよね。改めて、すごいなぁと思います。

今だって、お仕事がますます忙しくなっておられるのに、お子さんやご家族のお世話、PTAの勤めをこなされて、ブログまで毎日更新なさってるなんてすごすぎます……。

また、いろいろお話を聞かせてください。今度お会いできるときを楽しみにしています!
レモネードさん

こんにちは。コメントをありがとうございます!

> 強さと柔軟性を併せもつ人間になりたい、といつも思って(は)おります。

そう、ほんとにそうですよね。
わたしも、仕事を含めてどんなことが起こったとしても、それを機会として自分の人間の幅を広げられるようになりたい「とは」思っております(^_^;)
難しいですけどねー。
お会いできた皆さまに、学ばせていただこうと思います。
それでは♪

義母のことも、お気遣いいただいてありがとうございましたm(_ _)m 
おや、nobaraさんもMですか。お仲間ですな・・・。

同業の方とお話してて思うのは、やはり皆さん常に上を目指しているというか、根っこの部分は同じなんだな~と感じます。そしてどちらかというとみんなSよりM・・・。

先日は同じテーブルだったので、介護のこととかもちょこっと語り合いましたが、世代的にまさにこれから直面するであろう問題ですよね。まあ、不安要素というのは考え出したらいくらでも出てくるので、過度に心配しないで周囲の先輩方にお話しを伺いつつ、心の準備をするにとどめたいな~と思います。

またゆっくりお話ししませう。
>訳した人がどんな姿勢で仕事に取り組んだのかが、成果物としての訳文に如実にあらわれる

というところなどなど、わたしが「わかる、わかる!」なんて言ったら先輩に失礼だと思うのですが、でもnobaraさんのブログを読んで、本当にそう思いました!自分がやったことがそのまま仕事の評価につながる(上司の感情や好みなどに振り回されず)のは、得ではないかもしれないけど、損はないような気がします。

最大の問題は自分の怠け心かも。「自分に負けない」って私も思いながらブログ巡りを中断して仕事に戻ろうと頑張ってます。・・・あ、ちょっとちがうか(^^ゞ
ちょりーたさん、こんにちは!

先日は、同じテーブルでありがとうございましたm(_ _)m

> おや、nobaraさんもMですか。お仲間ですな・・・。

あら、ちょりーたさんも(^_^;) この業界、Mだらけですか。

わたしは取越し苦労が多くて、自分でもいけないなと思っているので(だってエネルギーの無駄だし)、止めようと思いながら、なかなか。
でも、そうですよね。心の準備は必要でも、過度な心配は、百害あって一利なしですよね。
心の持ちようも修行しなくてはと思います。

またお会いできる機会を楽しみにしています!
リスノさん、ど~も(^^)/

> 最大の問題は自分の怠け心かも。「自分に負けない」って私も思いながらブログ巡りを中断して仕事に戻ろうと頑張ってます。・・・あ、ちょっとちがうか(^^ゞ

ここ読んで、「わかる~っ」と笑ってしまいました。
わたしも同じことしてますよー。ついついブログをフラフラとして、すばらしい記事を読んで、わたしもがんばらなくちゃ~と、あわてて仕事に戻るという……。

新春会は残念でしたけど、また集まる機会はありますよね。楽しみにしています!
はじめまして。yasukoと申します。

でも、実は初めましてではなくて、先日となりのテーブルにいた者です。お話できずに残念でしたが、「あれがnobaraさんよ~」と教えてもらい、遠くからお顔だけは確認させていただきました(一方的でスミマセン)。

私も超細々て翻訳をやってきた口です。今回素晴らしいキャリアを持った翻訳者の方々に会うことができて、翻訳者としての格の違いに情けなくなりつつも、私レベルでもそれなりにやっていけるところがこの仕事のいいとこかなあ、と改めて感じています。
子供が小さい時は仕事をセーブしなくてはならず、ようやく育ったと思ったら今度は親の介護が始まり・・・。でも、その時々の状況に合わせてなんとか続けていける(途切れることもあるかもですが)、そんな仕事はあまりないですよね。

家族の雑用が増えるほど、仕事ができるありがたみを感じますよね。ここは完全に自分だけの世界~。現実逃避のために仕事するってどうなんでしょう?

先日お目にかかった皆さんが集っておられたので、ついお邪魔してしまいました。次回集まることがありましたら(リアルに)その時はちゃんとお声をかけますね。よろしくお願いします。
yausko様

コメントをいただいて、ありがとうございます。

> でも、実は初めましてではなくて、先日となりのテーブルにいた者です。お話できずに残念でしたが、「あれがnobaraさんよ~」と教えてもらい、遠くからお顔だけは確認させていただきました(一方的でスミマセン)。

そうでしたか! Sayoさんのところなどでコメントは拝見するので、おいでになっていらっしゃるらしいことは存じておりましたが、今回はお会いできる機会がなかったなーと思っていました。

> 私も超細々て翻訳をやってきた口です。今回素晴らしいキャリアを持った翻訳者の方々に会うことができて、翻訳者としての格の違いに情けなくなりつつも、私レベルでもそれなりにやっていけるところがこの仕事のいいとこかなあ、と改めて感じています。

そういう方のお話しには、本当に励まされます。わたしも今後、家族に何があるかわかりませんが、諦めずに仕事にしがみついていきたいなと思っておりますので。

またいろいろとお話しを聞かせて下さい。今度、お会いできるときを楽しみにしています!
先日はどうも~。

私もsayoさんに引っ張られてつい同じネタを書いちゃいました。

皆さんの意見にうなづく部分も多々あるのですけれど、ちょっと違った視線ももしかしたらあるかもしれません。

介護は両方の両親とも、亡くなったり、同居人が介護したりで、心苦しいのですがあまり積極的にかかわっていません。でも将来はどうなるか分からないし、自分や配偶者もいつまでも健康かどうか保証はありません。仕事とどう折り合いをつけていくかが、将来の課題になるのでしょうね。

ではまた!暖かくなったら翻訳者ランチ会も開きたいですね。

KYOKOさん

先日は、というか、いつもいつも本当にありがとうございます。

家族と仕事の兼ね合いをどう付けるかは、誰もが通る道ですし、自分の状況に合わせてなんとかやっていくしかないでしょうね。でも、その道を通ってこられた方達と直接知り合いになれると、心強さがぜんぜん違うような気がします。

後ほど、KYOKOさんのブログにもお邪魔しますね。こちらの記事へ皆さまからいただいたコメントで分かったことは、ほんやくしゃは揃いも揃って M だということでした。KYOKOさんもですか(笑)?

ランチ会、楽しみにしています! それではm(_ _)m

管理者のみに表示
« 近況 | HOME | 種をまく »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。