スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章読本(谷崎版)

2013.10.21.Mon
 ごぶさたしておりますm(_ _)m

 谷崎潤一郎の「文章読本」を読んでいます。これまで恥ずかしながら、文豪や文学者が書いた文章読本は読んだことがありませんでした。そこまで手と意識が回りませんでした。「理科系の作文技術」とか、「日本語の作文技術」とか、その辺りどまりだったわけです(しかも、ほぼきれいさっぱり忘れているという・・・・・・)。でも、おもしろいと聞いたので、読んでみようと思いました。

 まだ途中ですが、仕事に直接役立つかどうかはわからないけど、意識の底に置いておくとよさそうだと思いました。特に、「西洋の文章と日本の文章」という項は参考になります。谷崎という人は、日本語のことはもちろんでしょうが、英語のこともよくわかっていたんですね。ややこしい英語の文章を谷崎自身が日本語に訳したところがあるのですが、たいしたものです(← エラそうに)。両言語の違いは、こんなところにあるんだということを覚えておくと、仕事の上での考え方がだいぶ変化しそうです(技術系翻訳の訳文に実際に反映させることができるかどうかは別)。これまでの自分の考え方が、それほど的外れではなかったんだ、とホッとしたところもあります。

 英語はレンガ造りの建物のように緻密な構造だけど、日本語の構造はすき間だらけというのは、よく言われるところです(← 表現はさまざまかと思います)。以前、医学翻訳で有名なM口理恵先生の単発セミナーを受講したときも、「英語はレンガ造り、日本語は余白が多い水墨画」というような意味のことを、何かのついでにおっしゃっていたように記憶しています。

 でも実を言うと、このことはこれまで、自分自身の感覚として今ひとつ腑に落ちていませんでした。ふうん、そんなものなのかなぁ、という程度で。わたしは英訳をやっていないので、余計にそうかも。でも、この本を読んで、そのことにようやく納得がいきました。

 だいぶ古い本なので(1934年発行)、やはりこの時代の見方だなぁと思う面はけっこうあります。また、日本語の性質をつらつらと述べたうえで、「われゝの国の文章が科学的の著述に適しないことは当然」と断定しているところもあって泣けてきます。でも、さすがに鋭いなと思わされるところも多いです。

 以上、読書感想文でした。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。