スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一語

2014.01.27.Mon
某所での単発翻訳セミナーに参加。

事前課題の添削で、すごく重大なミスを指摘されてしまった。ある動詞で、それ自体は専門用語でも何でもない。でも、そこをきちんと訳せているかどうかで、翻訳者がその課題の分野をよくわかっているか、あまりよくわかっていないかが露呈してしまうというもの。

医療機器の会社に勤めている友人も同じようなことを言っていた。翻訳を外注に出したとき、ある動詞の訳し方が変で、その一点だけで、その翻訳者の力量が知れてしまった、と。人体の構造と血流の方向をきちんと理解したうえで訳してくれれば、そんな訳し方にならないはずなのに、と。

そういう一語の落とし穴(動詞に限らず)に、もっと敏感にならないとね(冷汗)。

スポンサーサイト
コメント
No title
このセミナー(たぶんですが)、行きたかったです。DMを見て知ったのですが、もう終わっていました(涙)。

力量を一言で測られてしまうなんて、怖いですね。
それはお会いできず残念でした。

いいかげんなことをすれば、見る人が見ればすぐにわかってしまうということは、これまで何度も肝に銘じてきました。しかし、「これでよし」と思い込んでしまうこともあり、難しいですよね(涙)。
あらら
あらら。
私の言葉が載ってしまいました。
同じ日に先生も同じことを言われたんだ。
ちょっとビックリでした。
Re: あらら
あら、いらっしゃい(^^)/
そうなのよ。同じ日だったからね。ちょっと強烈に印象に残りました。
いっそう、心して精進せねば。

管理者のみに表示
« 機序 | HOME | 足下の奇跡 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。