スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどさん

2014.03.01.Sat
詩人のまど・みちおさんが亡くなりましたね。
残念でなりません。

偶然、先週の土曜日に、この本を買ったばかりでした。

madomichio
(新潮社のサイトより画像をお借りしました。リンクしておきます。)

ページをめくってみると、「宇宙」という言葉がよく出てきます。
自分を生かしてくれている、大きな意思としての「宇宙」について、よく語られています。

だれに向かって書いているかと問われたら、
それは、私を私として生かしてくれている何かに対してです。
その「宇宙の意思」のようなものに対して、
お礼をこめて自分の痕跡を残したい。
私の詩は、「今日はこのように生きました」っちゅう
自然や宇宙にあてた報告なんだと思います。


あんなに易しい言葉で、あんなに上等な詩が書ける人なんて、ほかにはちょっといないんじゃないでしょうか。
まどさんの詩を、翻訳など通さずに読めるのは、日本人として幸せだと、わたしには感じられます。

生まれたところがだけがふるさとではなく、
死んでいくところもふるさと。
宇宙をふるさとにすれば、
一緒のところになります。


まどさん、宇宙に帰っちゃったんですね。
寂しいです。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。