スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧力

2009.08.07.Fri
数日前、登録している某大手(といわれる)翻訳会社から不可解なメールを受信。

どうも登録翻訳者(医薬だけかも)に一斉送信したと思しきものだったのですが、あらためて機密保持を徹底し、翻訳作業に関する疑問点は必ず会社に問い合わせてください、というもの・・・。何かあったのかしら?

うーん、ここしばらく、この会社からは受注してないし、第一そんなこと言われるまでもないことですし、なんでまたいきなり、そういう内容のメールを受け取らなきゃいけないんだかよくわからなかったので「はぁ?」と思いながら読み、どうやら返信しなければいけないようだったので、しかたなく丁重に返信したのですが、なにやらモヤモヤとしたものが残ります。

この会社、翻訳関連の某コミュニティで最近、別件でも話題になったばかりでした(会社名は出ていませんが、その話題になった内容から考えて、まちがいなく上記の会社)。何かというと、数千名に上る登録翻訳者全員に対して、品質向上に向けた努力を徹底するようにということを、とっても高圧的な文面で言って来られたんですよね。もちろん、わたしも受け取ったんですが。

誤訳を排し、できるかぎり品質の高い訳文を提供するというのは、これもまた、わたしたち翻訳者にとってはあたりまえのことであって、それぞれの人なりに日々努力を重ねているわけです。が、それを上から目線でガンガン言われるとちょっと悲しい。野麦峠の女工さんになった気分でした。なんだかなー。翻訳者って、どんどん買い叩かれているのかもしれません

この会社、条件面でも、誰に聞いても最低ランクと言います。わたしの取引先の中でもそうです。いや、それが不満なら、それはそれで登録しなきゃいいんですけどね。わたしの場合は、この会社のトライアルに合格した当時、何よりも経験が欲しかったのでレートは特に気にせず登録したのです。

実際の仕事では、そんなに悪い印象を受けたことはないのです。いつも参考資料を大量にいただいて(多すぎても、ちょっと困るというのはあるんですが)、場合によっては、専門辞書一冊丸ごとのPDFファイル(もちろんテキスト処理されたもの)がドーンと送られてきて、ラッキー!と思ったこともあるくらい。大手の企業なので杓子定規な面はありますが、きっちりとはしています。翻訳者の育成にも熱心なようです。でも、その一方で、翻訳者に対する高圧的な態度が、上に書いたようにドンドン表面化していることを考えると、そろそろこの会社との取引も潮時かもしれません。

* * * * * * * * * *
09/08/13 追記

この記事に関連して、拙ブログからリンクさせていただいている「新・翻訳者つれづれ日記」でも、ブログ主のKYOKOさんが「恐ろしいメールとは・・・?」と題して、ご自身の血も凍る体験談を書かれておいでです。ぜひご覧下さい。

KYOKOさま、ならびにKYOKOさんの記事のリンクからご来訪下さった皆様、どうもありがとうございました。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
こんばんは。

この某大手に関しては私も不愉快な出来事が何度かあるんですよね。でも、今回はなぜかその恐ろしいメールを受け取っておりません・・・一斉というわけでもないのでしょうか。私は医薬ではなく特許が狙われたかと思っていましたが。

最近、おっしゃる通り、某コミュや2ちゃんねる(笑)でもいくつかおそらくその某大手に関するきな臭い話が話題になってましたね。

もしかすると、それについてブログで書いてみるかもしれません。その際、nobaraさんのこの記事を紹介してもかまいませんか?抵抗があれば遠慮なくおっしゃってください。

それにしても、不況下で下流の我々としては辛いところです。エージェントやクライアントとは常にwin-winの良き関係を保つことが双方にとって幸せだと思うんですけどね。

あ、人様のブログで長々と愚痴まですみません。ではでは。
KYOKOさん、こんにちは(^^)。コメントを下さって、ありがとうございます。

このメールは、この会社で医薬部門を取り扱っている部署の方が差出人になってましたので、医薬の翻訳者が狙い撃ちにされたようなんです。(まさか、わたしだけってことは、無いと思うんですが・・・(怖)でも、なぜなのか、さっぱりわかりません。

翻訳って一応、専門職のつもりでやっているんですけど、本当にどんどん下働き的な立場に追いやられつつあるのかなぁと思いつつ、コミュニティのやりとりを読んでいました。(2chのは知らなかったですが。) 自分が日々、心を砕いていることがすべて無にされるようで悲しいです。 わたしは翻訳を職人的なものとして捉えているところが大きいようなので (いまいちビジネスをやる人間になりきれていないというか)、余計にそうなのかもしれませんが・・・。フェアトレードではありませんが、正当な取引の対象として評価していただけたらな、と思うんですけどね。

どうもモヤモヤとして思うところを書ききれなくて拙い記事ですが、こんなのでよければ、どうぞお使い下さい。それではe-420

No title
nobaraさん、こんにちは。

私はこの会社にはコンピュータ分野で登録していますが、私のところには不可解なメールは来ていません。分野によって担当者が違うのでしょう。私は今までにこの会社から高圧的なメールや電話は受けたことがありません。

ただレートがどこよりも安いというのは、コンピュータでもそうです。レートは登録時には聞かされませんでした。登録して2年後くらいにはじめて電話で仕事の打診があり、そのときにレートを聞いてビックリ。「そのレートでしたらお断りいたします」とはっきり言いました。それ以来その会社から仕事の依頼がありませんが、それでよかったと思っています。

その会社よりも私の方が高圧的かも(笑) でも、そんな安いレートで仕事してくれなどという会社とは取引したくありません。
Re: No title
marikoさん

こんにちは。コメントを下さって、ありがとうございます。

登録時にレートが提示されなかったというのはビックリです。ふつう、そういう交渉があるものだと思っていました。レートを聞いてお仕事を断わったmarikoさんの対応は適切だと思います。

レートが多少低くても・・・と思ってしまうのは、自信がないせいだと思います。本当は、自信がなければ、仕事なんかするべきでもないんですけどね。会社のことをどうのこうのと言う前に、せっせと実力をつけることだけを考えないと、と思います。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。