スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申告終わり♪

2010.03.06.Sat
そういうわけで、確定申告に行ってきました。

今年から青色申告にしました。簡易帳簿なので控除は10万円だけですが。青色申告って、わたしはなんとなく、白色申告から青色申告に移る暗黙の収入のラインがあるように思っていたのですが、去年「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」という本を読んだところ、翻訳者みたいな事業所得者にとっては白色申告自体になんのメリットもなく、あれは給与所得者が給与以外の収入を得た場合に申告するときの例外的なもので、給与所得者ではなくなった時点で白色は忘れて青色にしたらいい、ということが書いてあったんです。それを読んで「ふーん」と思ったので、去年の申告時に青色申告の届けを出しておきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
(2005/12/08)
きたみ りゅうじ

商品詳細を見る


申告や節税はさておいてダラーッと読むだけでも、著者のきたみさんと正体不明の腹黒い(?)税理士の先生の掛け合いが、けっこうおもしろいですよ。

去年、青色の届けを出したとき、税務署の職員さんに経理の経験はあるかと聞かれたので「いえ、ぜんぜん」と答えると、それはやはり難しいのでは、と言われました。昨今は会計ソフトがあれば、いろいろと本も出ているし、ズブの素人でも何とかなるらしんですけど、届けを出したときは、まだソフトも何も買ってなかったんですよね。「とりあえず、『現金出納帳』と『経費帳』の2つでいいので、簡易記帳から始められたらどうですか?」とアドバイスをいただいたので、素直にハイとその通りにしました。

実はわたしは数字にすごーく弱くて、最近、小学校5年生程度の算数もおぼつかない事がわかってガックリ来たんですけど、現金出納帳と経費帳ぐらいなら、おこずかい帳のようなものと言われるだけあって簡単です♪ 去年は新たにコンピュータを買ったので、その分は減価償却のため固定資産台帳も作成しましたが、これも難しくないですし。特に決まった書式もないのでエクセルで十分とのこと。
この本↓を参考に作成しました。

図解 青色申告「超」入門―平成22年申告用図解 青色申告「超」入門―平成22年申告用
(2009/12)
矢崎 ふみ子山田&パートナーズ

商品詳細を見る


今年申告した昨年分は1年間にわたって見事に溜め込んでしまって、お正月にあわてて領収書を紙にペタペタと貼り付け(これだけで何事かを成し遂げた気分になってしまった)、先日にたまたま空いた土日を狙って帳簿を大慌てで作成したんですけど、それでも、数字に超弱いわたしでも、2日程度でなんとかなりました。ようやくスッキリ♪ これで仕事の合間に気に病まずに済みます。





にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
青色申告
私もそろそろ青色にしようと思いつつ、申告の時期が仕事の忙しい時期とちょうど重なるので、申告はさっさと郵送で済ませて、税務署に相談する時間も取れずといったカンジで何年経ったやら。

今年こそ届けを出そうと思っているのですが、またそのままになりそうな気がしています(^^;)
あ、昨日還付金が振り込まれていました(^_^)
Re: 青色申告
marikoさま

> 昨日還付金が振り込まれていました(^_^)

早いですねー、さすがmarikoさんです!

翻訳者は何よりも仕事!なので、つい他の事が後回しになってしまいますよね。わたしも、そんなのばっかりです(^^)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。