スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生とドラッカー

2010.05.08.Sat
ところどころで紹介されている「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読みました。表紙が表紙なので、どんなもんかなーと思っていたのですが、書店で見かけて中を覗いてみたら、けっこうおもしろそう。で、読んだら泣いてしまって、2回も読んでしまいました。

本の内容を知らずに買った女子高生のみなみちゃんが、書かれた内容を一生懸命に受け止めて、きまじめに野球部の運営に生かしていくのがホント健気なんです。こんなにキチンと本と対話できるなんて。

わたしはドラッカーを読んだことがありません。1冊だけ、持っていることは持っています。去年にどこかのブログで、高校生の時に読んでいたら人生が変わっていたかもしれない本として「プロフェッショナルの条件」が絶賛紹介されていて、そんなに素晴らしい本ならと思ってフラフラとその本を買ったんです。でも、すぐに手が出なくて、ずーっと積んだままになっていました。

みなみちゃんの「マネジメント」の読み方を読むと、確かにドラッカーの本を高校生がホントに一生懸命読んだら人生が変わるかもしれない。そう思いました。ドラッカーに限らないでしょうけど。

「プロフェッショナルの条件」に手を出せずにいたのは、仕事でバタバタしているときに細切れに読んで理解できるかなー、というのが、ずっと心理的な壁になってしまってたんですけど、時間の細切れ状態は、なんだかんだで仕事を続けていく限りずっと続くでしょうし、今読まなくてどうする、という気もします。みなみちゃんの話を読んで、すごく読みたくなってきました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカーPeter F. Drucker

商品詳細を見る




にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。